トップ

介護フランチャイズと保険

介護ビジネスの重要事項

介護ビジネスと介護保険法

<高齢者を対象とした介護ビジネス>
現在20%を超える高齢化社会である日本で、高齢者を対象としたサービスを行う市場が成長しています。
この介護ビジネスは「サービスや商品を介護が必要な方に提供する事業」の総称であり、高齢化社会が進む中では需要の非常に高い事業です。
大きく分けて介護ビジネスには2種類のサービスがあり、介護保険の適用になるサービスと適用にならないサービスがあります。また業務形態は大別すると訪問介護のような在宅サービスとデイサービスのような施設サービスがあります。
フランチャイズによる介護ビジネスを始めたい方はこちら。

<介護保険サービスと介護保険外サービス>
介護保険法に基づき都道府県や市町村から指定を受けた指定介護事業者が、介護保険から報酬を受け取って介護サービスを提供する事業のことを、介護保険サービスと言います。そのサービスの内容は介護保険法に規定されているものに限られています。

サービス利用料は介護報酬や予防給付として支払われるため、事業者は安定した収入が確保できて、利用者の負担も少なく済むというお互いにメリットがあるサービスです。ですが介護保険法の基準に沿うことが前提ですので、指定介護事業者の認定が必要になりますし事業を自由に展開していくこともできません。

サービスを受ける高齢者側には色々なニーズがあります。介護保険法に規定されたサービス内容では足りない部分、利用者からの要望があった部分については、介護保険対象外サービスも取り扱っていく必要があります。当然ですがこの部分については介護報酬や予防給付を受けることが出来ない上、保険適用ではないため実費となり利用者の負担も大きくなってしまいます。

介護ビジネスにおいて大切なことは、まずは介護保険が適用になるサービスによって安定した収入を得ながら利用者を集めていくことです。そして事業が軌道に乗ってきたなら、利用者である高齢者のニーズに合わせて介護保険外のサービスを取り扱い他事業所との差別化を図っていくことが、介護ビジネスの成功の鍵を握っています。